自己破産の基礎知識

自己破産の基礎知識

自己破産で借金を整理する - 基礎知識について徹底解説

任意整理での借金整理が難しい場合は、自己破産を検討しましょう。
任意整理は借金が残るので、当然、返済義務があります。
しかし、自己破産は免責が認められると債務の返済義務がなくなります。

 

※借金の返済が困難になると多くの人は自己破産を思い浮かべますが、実際には破産しなくてもいいケースが多いようです。返済能力があれば任意整理で借金を整理することが出来ます。自己破産と任意整理の違いについてはトップページ任意整理にかかる費用について経験をもとにまとめましたに書いてあるので、そちらを参考にしてください。

 

自己破産の免責とは?

自己破産は、財産の一部を換金して債権者に均等に分配することで全ての債務を免除してもらう債務者の救済制度です。
自己破産ができれば個人や業者からの借入に関係なく抱えているすべての借金がなくなるので、余計な負担を背負うことなく人生の再スタートが切れますが、誰でも簡単に許可される手続きではありません。
自己破産をするには裁判所に申立てをして、免責を受けることで借金がなくなります。免責とは、「支払い不能状態」であることを裁判所が認めることです。
つまり、支払い可能と判断されて免責が受けられない人は自己破産をすることができません。
免責が認められない免責不許可事由には以下の項目があります。
主に10項目存在しますが例として、財産を隠したり損壊させたりして価値を減少させる、一部の債権者の身へ返済を行う、浪費や賭博で作った借金である、以前の自己破産から7年以内であるなどがあります。
こういった問題をおかした債務者は自己破産ができないでしょう。ただし、不許可事由に該当する場合でも免責がおりるケースもあるので、いずれにしても弁護士に相談してみることが必要です。
それを踏まえて、自己破産に実績をもつ法律事務所に手続きを依頼することをおすすめします。

 

倒産-Wikipedia

ホーム RSS購読 サイトマップ