自己破産という選択肢もある

自己破産という選択肢もある

自己破産という選択肢もある

任意整理ができるかできないかのポイントは返済能力です。
返済能力がある場合は債権者との交渉がまとまりやすく、返済能力がない(低い)場合は交渉がまとまりにくいといえます。
具体的にいうと、「残っている借金(金利なし)を3〜5年で返済できるか」がポイントです。

 

では、返済能力がない場合はどうなるのでしょうか?

 

この場合、自己破産という選択になる確率が高いでしょう。
自己破産は任意整理に比べると、デメリットがあります。
たとえば、官報に載る、免責が認められるまで職業が制限される、など。
しかし、債務の返済義務が免除される(借金を返さなくてよい)という大きなメリットがあるので、こちらの選択肢もありでしょう。

 

私が任意整理をしたとき、司法書士「に任意整理がダメなら自己破産すればいいだけです」というようなことをいわれた記憶があります。
そのときは、「そんなものなのか」と聞いていましたが。

 

返済能力がないかも、という方は自己破産を検討してみてください。
勿論、最終的な結論は債務整理に強い弁護士か司法書士と話し合ったうえで出しましょう。

 

自己破産のオススメ事務所はこちら

アヴァンス法務事務所

ホーム RSS購読 サイトマップ