最低でも5年間はブラックリストに載るというリスク

最低でも5年間はブラックリストに載るというリスク

最低でも5年間はブラックリストに載るというリスク

任意整理をすると信用情報機関に登録される?

 

任意整理は債務整理の一種なので、整理すると必ず信用情報機関に登録されます。
ブラックリストと言われるもので、債務整理をすれば必ず5年間は登録されるのです。
登録外となるのは過払い金請求だけであり、これは回収する対象が払いすぎた利息であり、借金ではないからです。
信用情報機関に登録されると、今まで使用していたローンやクレジットカードは使用不可となります。
新たに借り入れしたり買い物したりすることはできませんが、返済・支払い義務は残ります。
新規の契約もできないので、ブラックから外れるまではローンの利用を控えましょう。

 

任意整理をすると利息がゼロになり、元金を3年間で返済していきます。
債権者との交渉により、4年、5年まで返済期間を延長してもらえる場合もありますが、基本は3年間と考えておきましょう。
3年で完済できない場合は、弁護士から他の方法を勧められることが多いです。

 

ブラックにならないケースには、任意整理を希望していたけど過払い金返還だけで借金をゼロにできるケースがあげられます。
例えば、100万円の借金を相殺できる過払い金が発生している場合は、任意整理をする必要はなくなります。
過払い金請求は債務整理ではないので、ブラックになることはありません。

 

 

ブラックリストに任意整理を行った事実も記載される

任意整理とは債務整理の一種で、弁護士や司法書士の協力を得て、債権者と交渉をする借金対策のことです。借金返済が厳しい人にとって便利なやり方ではあるものの、任意整理を行うとブラックリストに載ってしまうのが痛いところです。
ブラックリストとは、ローンやキャッシングなどの信用を必要とする契約が結べなくなる、極端に結びにくくなる状態のことをいいます。実際にブラックリストというものが存在するわけではなく、その状況に立たされる人を呼ぶことが多くなっています。
ブラックリストではなく、個人信用情報機関に名前などの個人データが記載されている状態を指します。とはいえ、個人信用情報機関に名前が記載されていれば、全ての人が悪い状況に立たされているわけではありません。ローンやキャッシングなどの融資を受けている人の全ての情報が、この機関に記載されています。
この情報には名前や属性などの他に、返済状況などが記載されています。任意整理を行った事実も記載されますので、これを確認することによって、返済能力について知ることが可能です。
金融機関や消費者金融はこの情報をもとに審査を行うため、ブラックリストの人は審査に通りにくくなるとされています。

 

ブラックリストに載る期間

任意整理をした場合、最低でも5年間はブラックリストに載ると考えてください。
その期間中はローンを利用することはできず、債務の返済に集中することになります。
任意整理は利息をゼロにできますが、元金を減らすことはできません。
借入分に関しては全額返済する必要があるので、ここはよく注意をしましょう。

 

ブラックリストの情報は各金融機関が閲覧可能なため、審査で嘘をついても確実にバレます。
他社から借りれば問題ないという考えはいっさい通用しません。
審査では他社借入の項目に記入する必要があり、ここで嘘をついてもバレるのです。
5年間はブラックリストから解除されることはなく、ブラックを消すための裏技も存在しません。
現金生活に気持ちを切り替えて、節約をして給料の範囲内で生活を組み立てましょう。
お金を借りすぎてしまう方に共通するのは、収支のバランスが崩れていることです。
このくらいなら借りても大丈夫と考えていても、実はすでに債務超過になっていたりします。
債務超過を防ぐためには、返済能力を超えて借りないことが大切なのです。
収支のバランスをシミュレーションし、いくらまで借りて大丈夫なのか試算しておきましょう。
任意整理をしたあとは、毎月の家計診断をしてムダをなくしていく必要があるでしょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ