弁護士費用・報酬の相場を把握しておこう

弁護士費用・報酬の相場を把握しておこう

弁護士費用・報酬の相場を把握しておこう

任意整理にかかる弁護士費用は、法律事務所によって料金設定が異なります。「着手金が2万円、減額報酬が20%」もしくは「着手金が5万円、減額報酬が10%」などとなっていることが多いようです。

 

着手金ゼロで成功報酬のみとなっていることもあり、少額の借金でも任意整理がしやすくなっています。

 

例えば、50万円の借金があって、金利が18%なら、3年の分割払いで返済した場合ならおよそ15万円の利息がかかります。任意整理をすれば金利がゼロになるので、50万円の元本のみをゆっくり返済していけばよいことになります。3年で返済するなら、15万円のメリットがあります。

 

このようなケースでは、着手金で20万円かかるなら、任意整理をすることにメリットがありません。着手金がゼロで成功報酬のみのところなら、減額分の何%が報酬となるので、ほとんどの場合にメリットが出ることになります。

 

お金のない人の場合、民事法律扶助を利用すれば手持ち金ゼロでも任意整理ができます。民事法律扶助を利用すると、着手金が1社あたり3万円弱などとなって、通常よりもかなり安い弁護士費用ですむケースもあります。

 

任意整理にかかわらず、債務整理の費用を安くするためには民事法律扶助を利用することです。民事法律扶助を利用しない場合でも、制度を利用した場合と比べて大きく損をしていないかについて考えてみましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ