弁護士や司法書士に任意整理を断られる理由

弁護士や司法書士に任意整理を断られる理由

弁護士や司法書士に任意整理を断られる理由

一般的に、任意整理の手続きは弁護士か司法書士に依頼します(借金の額が140万円を超えている貸金業者がなければ司法書士でもOK)。
しかし、依頼すれば必ず請けてもらえるわけではありません。
任意整理の依頼を断られる場合もあります。

 

任意整理を断られる主な理由

  • 返済計画に無理がある
  • 任意整理に応じない債権者がある
  • 債権者が1件
  • 闇金からの借金がある

 

返済計画に無理がある

任意整理は新たな返済案をもとに債権者と交渉し、返済方法をきます。
当然、きちんと返せる
私も司法書士に任意整理を依頼したとき、最初の面談で収支・支出についてしっかりと聞かれました。
司法書士は、月々いくら返済に回せるか、返済案に無理がないかを見極めたかったのでしょう。
返済計画に無理があると、債権者とうまく交渉ができません。なので、任意整理の依頼を断られる場合があります。

 

任意整理に応じない債権者がある

債権者の中には任意整理に応じないところがあるそうです。
「●●カード会社は任意整理に一切応じない」と司法書士が言っていました。
債権者の中に任意整理に応じないとことがあると、任意整理の依頼を断られる場合があります(一応、請けて交渉してくれると思いますが)。

 

債権者が1件

債権者の数が1件だと、任意整理の依頼を断られる場合があります。
通常、任意整理の費用は債権者の数によって違ってきます。債権者の数が多いほど、費用も多くなります。
なので、法律事務所や法務事務所からすれば、債権者の数が多いほどいいわけです。
債権者が1件だと割に合わないのか、断るところがあるようです。

 

闇金からの借金がある

債権者の中に闇金が含まれていると、任意整理の依頼を断られる場合があります。
弁護士や司法書士に闇金との交渉スキルがないからでしょうか。
それとも厄介だからでしょう。
しかし、すべての法律事務所や法務事務所が闇金の借金整理を断るわけではありません。
逆に、闇金の借金整理に力を入れている法律事務所や法務事務所もあります。

 

闇金の借金がある方は、闇金の借金を整理し、その後、消費者金融やカード会社の債務を任意整理するというのも一つの手です。

 

闇金の借金整理に力を入れている法務事務所(司法書士)

 

ジャパンネット法務事務所

0120-758-685 (スマホならタップでかかります)

 

エストリーガルオフィス

0120-735-072 (スマホならタップでかかります)

 

関連記事の紹介
任意整理はどこに頼む?

ホーム RSS購読 サイトマップ