依頼前に注意点を把握しておく

依頼前に注意点を把握しておく

依頼前に注意点を把握しておく

任意整理をする方のほとんどは弁護士に相談をしています。
ここで弁護士から任意整理における注意点を聞かされるはずです。
任意整理をすれば最低5年間はブラックリストに載ること、担保・保証人付きのローンを整理すると債権者に迷惑がかかること、などなど。

 

ブラックリストに載ると、その後5年間はいっさいの借入はできなくなります。
これはクレジットカードにも該当するため、手持ちのカードはすべて使えなくなるのです。
ブラックから消えると再び金融商品の利用が可能になりますが、以前利用していた金融機関の商品は避けましょう。
信用情報機関のデータからは消えても、金融機関の内部データにはブラックの情報が残されている可能性が高いからです。

 

車のローンを任意整理する場合は、車を引き取りされると考えてよいです。
ローンを完済するまでは、名義は金融機関やディーラーとなっています。
保証人や連帯保証人付きのローンを整理すると、相手に迷惑がかかってしまいます。
安全に任意整理をするには、担保・保証人付きのローンは除外したほうがいいでしょう。
これについては弁護士からも話がありますが、自分でも注意しなくてはいけません。
キャッシングやカードローンなどの多目的ローンはすべて整理して問題ありませんが、あと少しで完済できるローンがあるなら除外したほうがいいかもしれません。

ホーム RSS購読 サイトマップ