楽天カードの未払い分は債務整理できる?

楽天カードの未払い分は債務整理できる?

楽天カードの未払い分は債務整理できる?

楽天カードの支払いが困難になった

 

楽天カードの未払い分を任意整理できないか?

 

という方も多いことでしょう。
とくに、リボ払いにしている方はなかなか支払いが終わらないので、他のカードを使ったりすると支払いが増え、苦しくなってしまいます。

 

では、楽天カードの未払い分を任意整理できないか?

 

できます。

 

消費者金融に比べると、和解しやすいようです。

 

楽天カード・未払い分の任意整理 流れ

任意整理の流れは以下のとおり。
他の任意整理と同じです。

 

  1. 債務整理に強い司法書士か弁護士を探す
  2. 電話などで相談をする(できれば無料相談で)
  3. 面談
  4. 任意整理を依頼
  5. 司法書士・弁護士がカード会社に受任通知を送る
  6. 支払いがストップ(一時的にですが払わなくてよい)
  7. 督促もストップされる
  8. 司法書士・弁護士がカード会社と交渉
  9. 和解
  10. 和解書に署名・押印
  11. 新たな返済条件で支払いがスタート

 

 

楽天カード・未払い分の任意整理 オススメの法律事務所・司法書士事務所

 

弁護士なら ⇒ 岡田法律事務所
受付時間内であれば、電話ですぐに相談できます(相談料は無料)

岡田法律事務所 任意整理の無料相談はこちら

 

司法書士なら ⇒ 日野司法書士事務所
まずは、「メール」か「お問い合わせフォーム」でこちらの状況を伝え、その後、相談。

日野司法書士事務所 任意整理の無料相談はこちら

 

 

楽天カードの債務整理

 

関連記事の紹介
クレジットカードの借金(利用残高)を任意整理したい

 

 

楽天カードは、年会費無料でポイントがつきやすく申し込みによるお得な特典などもあるので多くの人に親しまれています。
たまったポイントは楽天の様々なサービスに利用することができるのでとても便利です。
しかし、キャッシングやショッピングやサービスの利用のし過ぎにより延滞してしまったり未払い分が膨らんでしまったりするという問題を抱えている人も多いのではないでしょうか。
その状態を放置してしまうと借金の金額がどんどん膨らんでいき行きつく末は自己破産です。
自己破産は任意整理の中でも最も重い手続きで、借金がゼロになるという大きなメリットがある反面、車や不動産などの高価な財産が没収されてしまったり国の機関紙の官報に住所と名前が掲載されてしまったり破産後数年間は新たな借り入れができなかったりなどのデメリットもあります。
ですので、そうなる前に比較的ライトな債務整理の手続きである任意整理を行って借金問題を早めに解決させることが大切です。
任意整理では楽天カードの未払い分も適用されますし、過払い金請求をすれば借金の大幅な減額にもつながります。
任意整理の手続きを行うのは早いに越したことはありませんので、まずは法律相談の申し込みをして一歩踏み出しましょう。

 

 

楽天カード・未払い分の任意整理 まとめ

楽天カードの未払い分は任意整理できる
消費者金融の任意整理と同じ流れ
まずは債務整理に強い司法書士か弁護士を探して相談する

 

ホーム RSS購読 サイトマップ