クレジットカードを任意整理したい

クレジットカードを任意整理したい

クレジットカードの借金(利用残高)を任意整理したい

クレジットカードの借金(利用残高)を任意整理したい。

 

という方も多いことでしょう。

 

クレジットカードの分割払い(またはリボ払い)でいろいろと買ってしまい、その返済がきつくなった。

 

なんとか、任意整理できないものか?

 

答を先に述べますが、クレジットカードの利用残高も任意整理できます。

 

私もクレジットカードの利用残高を任意整理しました。

 

カード会社の場合、消費者金融よりも和解までスムーズに進むようです。
※もちろん、カード会社にもよりますが。ある司法書士の方に聞いた話ですが、某カード会社は絶対に任意整理に応じないそうです

 

 

クレジットカードの任意整理の流れ

では、クレジットカードの任意整理の流れについて大まかに説明しておきましょう。

 

  1. 債務整理に強い弁護士、または司法書士を探す
  2. 相談する(できれば無料相談で)
  3. 借金の状況などを説明する
  4. 方針や費用などの条件が合えば、任意整理を依頼する
  5. 弁護士、または司法書士が借入先のカード会社と交渉
  6. 和解
  7. 和解書に署名・押印

 

クレジットカードの任意整理ならこちらで相談しましょう!

 

弁護士なら ⇒ 岡田法律事務所
受付時間内であれば、電話ですぐに相談できます(相談料は無料)

岡田法律事務所 任意整理の無料相談はこちら

 

司法書士なら ⇒ 日野司法書士事務所
まずは、「メール」か「お問い合わせフォーム」でこちらの状況を伝え、その後、相談。

日野司法書士事務所 任意整理の無料相談はこちら

 

クレジットカードを任意整理したい

 

クレジットカードの未払い分も任意整理できる

転職などで収入が減ってしまった、あるいは家族の人数が増えたり、生活のスタイルが変化することによって、月々の出費が増えてしまったということがあります。
こうした状況は、ある程度であれば家計の見直しなどで対応することが出来ますが、どうしても必要なお金が用意できないという時であれば消費者金融や銀行のローンや融資を利用することになります。
しかし、クレジットカードを持っている人であれば、こうした金融機関を利用しなくても比較的簡単に足りないぶんを補うことが出来ますが、あまりに利用金額が多くなると、その返済が滞ってしまうということも少なくありません。
また、クレジットカードのリボ払いなどを日常的に利用しているという人も、返済が難しくなる事が多く、いつの間にか返済しきれない借金を抱えてしまっているということも少なくありません。
こうした時、自己破産するというのも一つの方法ですが、任意整理を行なうことで、裁判所を介さずに負債の整理を行なうことができます。
消費者金融や銀行だけでなく、クレジットカードでの負債にも任意整理は適応することができ、将来利息を免除されることで返済の負担を大幅に軽減することができます。
複数の負債がある場合でも、一部の債権者に対してだけ任意整理を行なうことができるので、自分の返済能力に見合った利用ができるのがメリットです。

 

クレジットカード未払い分の任意整理をしたい方は法務事務所・法律事務所に依頼しましょう。費用が気になる方は『任意整理にかかる費用が安い法務事務所・法律事務所』の記事を参考にしてください。
どうしても費用が用意できないという方でも任意整理は可能です。費用は分割でもOKという法律事務所・法務事務所はけっこうあるので、『任意整理の費用は分割払いに出来るのか?』の記事を参考にして手続きを進めましょう。

 

クレジットカードの未払い分も任意整理

 

 

ショッピング枠の任意整理は商品の引き揚げに注意

債務の返済が困難または不能となった場合に行われるのが債務整理です。債務整理といってもいくつかの種類があり、そのひとつが任意整理になります。任意整理は弁護士や司法書士に債権者との仲介を依頼して債務の減免を求めるというものです。減免される額は、主に金利分程度で元本は返済しなければなりませんが、裁判所に通さないことや個別の債務に対して整理を行うことができるなどのメリットがあります。このため現実的に収入が十分にあり債務の返済が可能な場合に債務の返済を完了させたいといったさいに有利です。
任意整理はあらゆる債務で整理で可能ですが主に対象としているのはキャッシングやカードローン、またクレジットカードなどの無担保無保証人のものが中心になります。クレジットカードの任意整理には通常のキャッシングとはことなりやや特殊な手順を踏まなければなりません。クレジットカードの場合には自動引き落としされており、その引き落としをさせないようにする必要があります。またショッピング枠も整理の対象となりますが、任意整理するとショッピング枠で購入した商品を引き揚げられる可能性があります。特にショッピング枠の任意整理では、商品の引き揚げという可能性があるため注意が必要です。

 

 

任意整理後にクレジットカードは作れるのか?

クレジットカードがない生活はかなり不便です。
なかには、「決済はクレジットカードのみ」というところもあります。

 

私自身、任意整理後にあるサービスを受けようとしたら、「決済はクレジットカードのみ」となっていて困ったことがありました。

 

できれば、任意整理をした後もクレジットカードを利用したいですよね。

 

しかし、任意整理前に使っていたクレジットカードは使えなくなります。
これは、任意整理をするわけですから当然です。

 

では、任意整理後、新たにクレジットカードは作れるのか?

 

任意整理前に使っていたクレジットカードとはべつなカード会社に、新規に申し込んで作れるのか、ということです。

 

これは無理です。
作れません。

ホーム RSS購読 サイトマップ