住宅ローンを組むことが出来なくなる?

住宅ローンを組むことが出来なくなる?

住宅ローンを組むことが出来なくなる?

任意整理をするとブラックリストに載るので、住宅ローンを組むことは難しくなります。しかし、ブラックリストに載る期間は任意整理の和解が成立してからおよそ5年程度なので、5年以上が経過して情報が消えていれば審査にまったく影響しなくなります。

 

ブラックリストに載っていた人は、クレジットカードやローンが利用できない状態にあったので、個人信用情報は真っ白になっていることが多いです。しかし、今の時代クレジットカードなどもまったく利用しない人というのは少ないので、個人信用情報になにも情報がない人は、怪しまれてしまう可能性があります。ブラックリストが解除されたら、すぐにクレジットカードなどを作って良好な利用実績を積んでいくようにすることがおすすめです。

 

なお、住宅ローンではたった1回の延滞があるだけでも審査に落ちる原因となるくらいなので、任意整理をしてその情報が個人信用情報に残っている人は審査には通らない可能性が高いです。しかし、審査では総合的な判断がされるので、頭金をたくさん用意できているとか、公務員や大企業の正社員であるとか、プラスの要素が多い場合には総合的な判断で融資が受けられる可能性もゼロではありません。

 

関連記事の紹介
任意整理の費用は分割払いに出来るのか?

 

ホーム RSS購読 サイトマップ