連帯保証人はどうなるの?

連帯保証人はどうなるの?

連帯保証人付きの借金も任意整理するとどうなるのか?

連帯保証人

 

連帯保証人付きの借金も任意整理することができます。

 

ただし、連帯保証人付きの借金を任意整理してしまうと、連帯保証人の方へ請求がいってしまいます。
連帯保証人が借金を肩代わりすることになるわけです。
当然、連帯保証人の方に迷惑がかかります。

 

その後、債権者との和解が成立すれば、本債務者が返済していくことになります。

 

また、任意整理の場合、特定の債権者を整理の対象外にすることができます。

 

たとえば、借入先5社のうち、消費者金融A社だけを任意整理の対象外にする、ということができるわけです。

 

つまり、借入先5社のうち、4社だけを任意整理し、A社は任意整理をしないで今まで通りに返済していくということです。

 

連帯保証人に迷惑をかけたくないようであれば、連帯保証人付きの借金だけ任意整理の対象外にすればよいわけです。

 

もちろん、返済の原資を確保できれば、の話ですが。

 

このあたりは、任意整理を依頼する司法書士や弁護士の方とよく打ち合わせしておく必要があるでしょう。

 

まとめ

■ 連帯保証人付きの借金を任意整理してしまうと、連帯保証人に請求がいってしまう

 

■任意整理によって債権者と和解が成立すれば、本債務者が返済していくことになる

 

■任意整理は特定の債権者を対象外にすることができる

 

■連帯保証人に迷惑かけたくない場合は、連帯保証人付きの借金を任意整理の対象外にする

 

関連記事
任意整理すると車のローンはどうなるのか?

 

ホーム RSS購読 サイトマップ