交渉しだいで借金は減額できるのか

交渉しだいで借金は減額できるのか

交渉しだいで借金は減額できるのか

任意整理は交渉しだいで借金を減額できるのか?

 

できます。

 

ただし、分割弁済案では厳しいかもしれません。
一括弁済案であれば、交渉しだいで借金を減額できます。

 

任意整理について書かれているサイトの記事を読むと、「任意整理は借金を減額できます」と書かれていることが多いです。
とくに、「任意整理のメリット」の説明では、必ずといっていいほど、「減額できる」といったことが書かれています。

 

たしかに、任意整理は交渉しだい借金を減額できます。
しかし、分割弁済案ではかなり厳しいようです。
分割弁済案とは、残っている借金を分割で返済していく案です。主に、3〜5年間での返済で案をまとめます。
この場合、返済期間の引き延ばし(3〜5年間)と将来的な金利カットの交渉は通る確率が高いのですが、残っている借金の減額は徹確率が低いようです。

 

残っている借金の減額は、一括弁済案の場合。
こちらは、司法書士や弁護士の交渉しだいで通ることもあります。

 

勿論、分割弁済案では絶対に減額できないというわけではありません。
任意整理は債権者との交渉で返済条件が決まるので、減額に応じる債権者もいるでしょう。
任意整理でなんとか借金を減額したい、でも、費用が用意できないという方は分割払いも可能なので、『任意整理の費用は分割払いに出来るのか?』の記事を読んで任意整理を進めてください。

 

ただ、減額になる確率は低いので、過度の期待はがっかりしてしまうだけです。

ホーム RSS購読 サイトマップ