メリットとデメリットを理解しておくことが重要

メリットとデメリットを理解しておくことが重要

メリットとデメリットを理解しておくことが重要

借金を整理する上で実際によく行われるのが任意整理です。
では実際に任意整理した場合にどのようなメリットとデメリットが存在するのでしょうか。
まずメリットについてですが、任意整理を行う際に裁判所を介する必要がないということが挙げられます。
また債権者とのやり取りを行う場合に間に弁護士や司法書士が入ってくれるので、直接債権者と交渉する必要がありません。
このため、債務者にとっては一番負荷のかからない債務整理として認識されています。
また弁護士や司法書士が入ってくれるということは、債権者は債務者に直接取り立てをすることが不可能になるということです。
このため債務者は債権者からの取り立てがなくなり精神的な負担が軽減されます。
任意整理ではこれ以外にも支払う利息を減らしてくれるというメリットがあります。
また過払い金などがあればそれも取り戻すことができますし、自己破産や個人再生の場合と異なり、今まで通りの生活に戻ることができます。では逆に任意整理をするデメリットとは何でしょうか。
それは信用情報が残ってしまうということです。大体7年程度は整理した記録が残ってしまいます。
ただ記録が残っているから普通の生活ができないということではなく、新たにお金を借りることが難しくなるということです。

 

任意整理のメリットとしてよくいわれる「借金の減額」ですが、分割弁済案ではなかなか厳しいようです。勿論絶対に無理というわけではありません。任意整理による借金減額については交渉しだいで借金は減額できるのかの記事に詳しくまとめてあるので目を通してください。

 

生活に与えるデメリットが少ないことこそ最大のメリット

任意整理には、メリットとデメリットがあります。
任意整理の一番のメリットは、借金を減らせることです。
高金利で借りていた場合は引き直し計算を行ない、過払い金を請求することができます。
また、交渉によって将来利息のカットをすることもできます。
さらに一括返済をすることで、借金の額を根本から減らす交渉も可能です。
認められるかは弁護士や司法書士の交渉次第ですが、任意整理の大きなメリットです。
また、個人再生や自己破産の場合は裁判所は関与しないので、手続きが楽になるメリットもあります。
任意整理が終わるまでの期間も、短縮することが可能です。
一方のデメリットは、任意整理をするとブラックリストに載ることです。
任意整理での完済後は5年ほど新たな借入ができなくなり、住宅ローンやクレジットカードの利用ができなくなります。
また、他の債務整理の方法に比べると、交渉によって減らせる借金の額が少ないです。
自己破産のように借金をゼロにすることはできないので、支払い義務は残ります。
このようなデメリットのある任意整理ですが、他の債務整理の方法に比べると、生活に与える影響は少ないです。
生活に与えるデメリットが少ないことこそ、最大のメリットと言えるかもしれません。

 

 

任意整理というのは、自己破産など裁判所の手続きが必要なく、まずは貸金業者などと交渉をして借金の返済の仕方などを改めて考えていくという方法です。
弁護士や司法書士などの専門家が、貸金業者と交渉して無理なく毎月返済していけるように月々の返済額を減らしたり、利息を改めて設定してもらうなど、自己破産などをしなければならないように借金の返済方法を考えていくので、貸金業者でも交渉に応じてもらえることも多くあります。
任意整理をするメリットは、借金について改めて交渉することになるので、まずは督促などの貸金業者からの催促の連絡などを止めることができます。そして弁護士や司法書士を間に入れることによって、自分自身に直接連絡がくることをなくすこともできます。
任意整理をすると、借金について一度全部整理されて、払い過ぎの過払い金があればお金が返済されてり、利息を設定し直すことなどによって借金の総額を減らすことができる可能性が高くなります。
デメリットとしては、いわいるブラックリストにのってしまいますので新たいクレジットカードを作ったり借金をすることが数年間はできなくなってしまったりします。
また思ったよりも借金の額が減らないという可能性もあります。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ