スマートフォンや携帯電話の契約問題

スマートフォンや携帯電話の契約問題

スマートフォンや携帯電話の契約問題

任意整理は、借り入れ開始時まで遡って利息制限法の上限金利である15%〜20%の制限金利で引き直し計算を行い、借り入れの残債の元本を導き出し元本のみを3年36回払い〜5年60回払い程度の分割で完済する手続です。
任意整理は、借り入れの引き直し計算や借り入れの利息消失により任意整理以前の返済総額より格段に少なくなる為、毎月の返済が少なくなり非常に楽になります。
又、自己破産などの法的処理は、携帯電話業者や消費者金融業者、友人など全ての借り入れが債務整理の対象として手続きが行われますが、任意整理は特定の貸金業者や販売業者を整理対象から外す事が出来る為、携帯電話業者を整理対象から外しておけば、携帯電話やスマートフォンの使用継続や新規契約には問題無いとされています。
しかし、任意整理は、自己破産に比べてデメリットの多くを避ける事が出来ますが、完済後5年程度は新しい借り入れが出来ないので、携帯電話やスマートフォンの新規契約時や機種変更時の携帯端末は分割購入が出来ないので注意する必要があります。
その為、任意整理後の携帯電話やスマートフォンの新規契約する場合には、一括購入を求められるので注意する必要があります。

ホーム RSS購読 サイトマップ