アイフルの借金を任意整理するには

アイフルの借金を任意整理するには

アイフルの借金を任意整理するにはどうすればよいのか?

アイフルの任意整理を行う場合は、まず業者に対し任意整理に入ることを通達してから、初回の貸し付けから現在までの取引履歴の送付を依頼します。
そして送られて来た履歴を基に、現在の利息制限法に従って引き直し計算を行うことで、再計算された金額が借金の返済総額となります。
利息制限法による引き直し計算は、無料でソフトが用意されているので、インターネットから拾ってくると良いでしょう。
この引き直しによって過払いが発生した場合は、その金額を返還要求することも可能ですが、返済総額に充てることによって借金を減額させることもできます。
そうして再計算された総額を、3〜5年までの期間で分割弁済する計画を立て、アイフルにその内容を合意してもらうことで任意整理の和解となります。合意後は分割弁済の計画書に従って返済を続け、期間内に完済することで借金から解放されます。
ただし、この一連の流れを個人で行うには信用などの問題からほとんど不可能となっていて、取引履歴の取り寄せは行えても、和解を行う席に担当者が来ることはまずありません。
そのため、通常は社会的地位のある弁護士または司法書士に依頼して、間に入ってもらうのが一般的です。
引き直し計算の間違いや、分割弁済の計画書の不備などがないように立ち回ってもらえるので、専門家に依頼した方がメリットが大きいのが事実です。

ホーム RSS購読 サイトマップ